Identity V(第五人格)

スポンサーリンク
ホラー
スポンサーリンク

プレイヤーはサバイバー4人とハンター1人に分かれて対戦を行います。

勝利条件はサバイバー側は暗号機を5台解読し、3人以上マップから脱出すること、ハンター側は3人以上サバイバーをマップから追放することです。

このゲームの面白さはまず初めにキャラクターが豊富である点です。使用するキャラクターによって勝ち方の戦術は全く異なります。例えば暗号機の解読が得意なキャラクターであれば、積極的に解読を行い、救助が得意なキャラクターであれば仲間がロケットチェア(一定時間座り続けるとマップから追放となる)に座らされれば即座に救助に向かう必要があります。使用するキャラクターが変われば異なるゲーム感を味わうことができます。

試合の展開によっても立ち回りを変える必要があります。序盤にハンターに追われる役がしっかりと時間を稼げればサバイバーは4人全員揃った状態で5台の解読を終える可能性が高まりますが、時間を稼げなかった時はその人を見捨て、3人で引き分けを狙いにいく戦術が視野に入ります。この状況判断が4人いるサバイバー側で共有できた時の連携の気持ちよさがサバイバー側の楽しさの1つです。

今までサバイバーの視点で説明しましたが、ハンターにおいてもどのように最初の1人目を早くダウンさせるか、安心して解読ができないように妨害を行うかなど常に考えながらプレイしなければ勝つことは難しくなります。

サバイバーと違い、1人で4人を相手するため自分の力次第で勝ち続けることも可能であることがハンター側の最大の魅力です。

最初は覚えることも多く、失敗することもたくさんあると思います。しかし試合の中で学ぶことが多く、自分の成長を自覚できます。自分が勝ちに大きく貢献できた時の喜びはひとしおなので、一度プレイすることを強くおすすめできるゲームです。

Google Play で手に入れよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました